1 ヨーロッパ小旅行。はじめに

1997年3月ヨーロッパ小旅行1

はじめに

無事に昔の写真をデジタル化できたので、いよいよ記憶の旅路へと出発する。

時代は一気にさかのぼり16年前。1997年にフラッシュバック。
当時二十歳そこそこの若造だったわたしはヨーロッパへ向かった。
ロンドン、パリ、アムステルダムが目的地だ。

ヨーロッパ小旅行 (3) ヨーロッパ小旅行 (2)

その前年の1996年に初めて海外旅行に出かけている。エジプトとイスラエルを巡るものだった。
初の海外体験で、それはそれは実りの多いものだった。
とはいえ、パック旅行だったので、自分では何の苦労もしていない。ただ飛行機に乗り、バスに乗り、目的地へ連れて行ってもらっただけだ。

まあ別にそれはよい。行きたいところがあったから、行ければよかった。手段など二の次だった。

で、このヨーロッパ小旅行は、もう少しだけ個人旅行っぽいものとなった。
旅の相棒がいた。小中高と同じ学校に通い、同じマンションに住んでいた幼馴じみのYである。
この旅行を企画して、もろもろの手配をすべて行ったのもY。
そういえば、北海道にスキーに行ったときも、Yがすべて仕切っていたっけ。
学級委員長もやっていたような。
いろいろ思い出してきた。
押しの強い性格なのである、Yは。

わたしはただ流されるのみ。のらりくらりが信条だ。いっそ、くらげになりたいくらいである。
Yが手配したのは、「ユーロスターでドーバーを渡る ロンドン・パリ8日間」と題したツアー。
航空券とホテルと空港送迎がセットになったもの。添乗員は付かないので、現地ではすべて自由行動となる。
別にこだわりはなかった。
ロンドンには行ってみたかったので、異論なし。

まあ、行ければいいのである。
あれよあれよという間に、カネを振込み、出発となった。

ヨーロッパ小旅行 (4)ヨーロッパ小旅行 (1)

さすがに17年も前のことなので、細かい事柄はすっぱり記憶から抜け落ちている。
でも、それなりに詳細な日記をノートに残してあるので、そちらを参照しながら書いていこう。

昔の旅行日記ノート
旅行ノート (1) 旅行ノート (2)

鉛筆の細かい字がびっしりだ。
でも昔の自分に言いたい。

改行くらいしろ、読みにくいぞ!
ボールペンを使え、小学生か!
もっと読める字を書け、小学生か!

でも、これがあるおかげで、旅行の詳細が今に残っているわけで、昔の自分をほめてあげたい。
というわけで、次回から旅行記はスタート。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
アドセンスレクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加