9 スラバヤへ移動

2012年3月インドネシア・ジャワ島横断9

ジョグジャカルタからスラバヤへの列車旅

午前6時起床。
7時15分発の列車でスラバヤへ向かう。

心配していたビジネスクラスの座席。飛行機なら憧れのアッパークラスだが、インドネシアの鉄道では下位クラスだ。
二人掛けの座席は狭く、前後の間隔も短い。乗客は地元の人が多かった。やんちゃな子どもが、おもちゃの剣を持って暴れていた。
隣の席には、インドネシア人のおばあちゃんが座った。

天井に扇風機。エアコンはなし。
列車が止まっている間はすごく蒸し暑い
が、ひとたび動き出すと、窓から吹きこんでくる風がすこぶる気持ちよい。運よく窓際の席だったので、開け放った窓にヒジをかけて、外の景色をながめる。

意外と、いける。密閉されたエグゼクティブクラスよりも旅情気分は高まる。ローカルな人たちとのふれあいもまた楽しい。

ここで少しインドネシアの鉄道の料金について。
インドネシアの鉄道の料金は、営業距離ではなく、列車ごとに運賃が決められている。たとえば、ジャカルタからジョグジャカルタを経由してスラバヤまで運行する列車があるとする。この場合、ジャカルタで乗車してスラバヤまで行こうが、ジョグジャカルタで乗車してスラバヤまで行こうが、料金は同じだ。ジャカルタから乗ってジョグジャカルタで途中下車しても同様に料金は変わらない。
つまり、始発駅から利用して終着駅まで利用するのが最も賢い方法だ。
駅の窓口にはわかりやすい時刻表が掲示してあるので、よく見てから購入しよう。

さて、列車は5時間強でスラバヤに到着。
ジャカルタを基点にして、バンドン、ジョグジャカルタ、スラバヤまでやって来たことになる。
以下、おおよそのルート。

これより東に特に大きな街はなさそう。そして東の海を渡れば、バリ島だ。さてどうしたものだろうか。
まあこれからのルートはおいおい考えるとして、とりあえず今晩の宿探しだ。

スラバヤ市内移動

駅を出ると、タクシーの客引きがたくさん待ち構えていた。
が、いまいち英語が通じない。
それなりに英語が通じる人がいたので交渉。身なりもきちんとしていて、車は自家用車。いわゆる白タクである。
一泊2000円ほどのホテルまで連れて行ってもらうことにした。

ドライバーと話をしていると、親戚が日本で働いているとのこと。三重県のよく知らない町。日本に出稼ぎに行くインドネシア人はやはり多いようだ。

3軒ほどハシゴして、ようやくほどほどのホテルを見つける。ドライバーにタクシー代400円を払う。

ホテル・タンジュン
タンジュンホテル
ホテルは一泊2300円ほど。おそらく中華系の中型ホテルで、設備は一通り揃っている。
WIFIも利用可能だがロビーのみだった。
いたって普通のローカル向けビジネスホテルという趣き。

タクシーでここまでやって来たので、位置関係がよくわからない。

とりあえずガイドブックの地図と照らし合わせて周囲を散策。
しばらく歩いてようやく現在地を確認。まあ中心部から離れてはいない。だがちょっと不便な位置だ。明日は移動しよう。

そのままスラバヤ市内をぶらぶらしてみる。
道路が広い。車が多い。バイクも多い。けれども、横断歩道や歩道橋は極端に少ない。信号機すらほとんど見かけない。ジャカルタと同じで、実に歩きにくい街だ。
どうやら、この街はあまり観光向けではないようだ。完全な商業都市だ。

ただ、中心地には「トゥンジュンガン・プラザ(TUNJUNGAN PLAZA)」という巨大なショッピングモールがあって、とても便利。日本のそごう百貨店も進出。大きな看板が外から見える。
最上階には大きなフードコートがあり、何でも食べられる。日本料理専門コーナーもあった。地下にはレートの良い両替所もある。

それにしてもインドネシアの各都市にはショッピングモールが多い。小規模なものから大規模なものまで、街のあちこちに点在している。インドネシアの経済発展がいかに急速に進んでいるか如実にわかる。
スラバヤ住人の移動はもっぱら自家用車かバイクのようだ。
スラバヤで目立ったのが、夕方の終業時間になると、オフィスビルの前にはたくさんのバイクが並ぶこと。家族や友達が迎えに来ているのだろう。

中心部にも市バスも走っているが、利用者はあまり多くなさそう。スラバヤは完全な車社会のようだ。
それでも、ベチャ(3輪自転車タクシー)の姿をよく見かける。近代都市とのコントラストがおもしろい。ベチャが大きい交差点を渡る様は名人芸である。
もちろん中心部を離れれば、ローカルな味わいが増すのだろうが、いかんせんスラバヤの街は大きい。徒歩で行ける範囲では、あまりローカルな雰囲気を味わうことはできなさそうだ。

夕食はいつものようにフライドチキン定食。2日に1回は食べているような気がする。
この日は、ブラブラするだけで終了。

さて明日からの予定は完全に未定だ。明日のことは明日考えよう。

↓↓スラバヤのホテルを検索↓↓
(スラバヤは広いのでホテル選択が難しい。トゥンジュンガン・プラザ近くのホテルが便利。)

Agoda

Booking.com

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
アドセンスレクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加