7 ハジャイ2日目

2010年4月 マレー半島縦断旅行7

ハジャイ2日目

ふかふかのベッドはすばらしい。熟睡できた。むしろ寝すぎたくらい。

朝食はホテルのレストランでビュッフェ。
カオトム(タイ風おかゆ)とフルーツという健康的なメニューをいただく。
やはりタイのホテルは落ち着く。

さて、今日はどうしよう。
予定ではハジャイからサムイ島まで移動することになっている。
が、少々寝過ごしたせいで、今日中にサムイ島まで行くには手遅れのようだ。

しかたあるまい。特に何もない町だが、もう1泊ハジャイに滞在することにする。
ホテルのフロントで延泊申請。妙齢のお姉さんが対応してくれた。
「お願い、まけてよ~」と笑顔でお願いすると、しかたないわねといった表情で150バーツ割引きしてくれた。
言ってみるものである。

ハジャイの中心部はそれほど広くない。がんばれば歩いてまわることが可能。
ソンテウ(乗り合いトラック)も走っているが、ルートは限られているようで、使い方がよくわからない。

昨日訪れていないショッピングエリアに徒歩で向かった。
一際立派なホテルがあった。

リーガーデンプラザ・ホテル。
なかなか高級そうなホテルである。
下の階がレストランとショップになっている。
なぜかマクドナルドのMマークに惹かれた。
無性にポテトが食べたくなったのだ。

毎日、米と麺類が続くと、西洋ジャンクフードが恋しくなってしまう。
ヨーロッパに行くと、ハンバーガーとポテトにうんざりさせられるのに、東南アジアでは逆となってしまう。
まったく困ったものである。

で、マクドナルドでセットメニューをいただく。チーズバーガーセットが100バーツ。約300円。タイと日本の物価差を考えれば、意外と高い。屋台料理が一品30バーツくらいなので、一日分の食費に相当する。

少しのんびりしてから、マクドナルドの入居しているリーガーデンプラザ・ホテルをあとにした。
ちなみに、このリーガーデンプラザ・ホテルで、2012年に爆弾テロがあり死者数人を出す惨事となった。ショップ部分は大破したそうだ。
海外を旅行していると、テロの恐怖は意外と身近なところにあるものだ。

次いで、キャセイ・トラベルという旅行代理店で明日のサムイ島行きジョイントチケットを手配した。
ミニバスとフェリーのチケットとがセットになったとても便利なチケット。
これで嫌でも明日は早起きしてサムイ島に向かわねばならない。
キャセイ・トラベルの担当のおばさんはとても親切だった。代理店の上は、ゲストハウスになっている。

蛇足ながら、キャセイ(cathay)とは英語での昔の中国の呼び名らしい。どうもマルコポーロが西洋に広めた名称のようで、それにちなんでいるのか、キャセイ・パシフィックのマイレージプログラムは「マルコポーロ・クラブ」という。
国名がchinaだったりcathayだったり、中国語がchineseだったりmandarinだったりと、英語はいろいろと面倒だ。

バスのチケットを買うと、タイバーツの手持ちがなくなってしまった。ハジャイでは街中の両替所をあまり見かけない。
バンコクには至るところに両替所があふれているが、地方に行くと極端に少なくなる。
しかたがないので、近くの銀行に入る。番号札を取って、順番を待つ。
で、窓口で両替したい旨を伝える。この場合、パスポートがいる。行員はわざわざパスポートのコピーまでとって、両替してくれた。レートは大手銀行ならば、全国一律レートのようだ。英語は通じる。なんとも面倒だが、これが本来の手続きなのかも。

さて、もうすることがなくなってしまった。
ついでに、書くこともなくなってしまった。
写真を撮る機会はすべて見逃してしまった。
しまったしまった、しまくらちよこ。
あまりにネタが寒いので、もう眠ることにする

明日はいよいよサムイ島。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
アドセンスレクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加