6 マカオ観光もう少しだけ

2013年9月 香港マカオ旅行記6

マカオの朝

香港へ戻る前に、もう少しだけマカオ観光。
とはいえ、街をぶらぶら歩くだけ。
ホテルの近所を散歩。

ホテルのすぐ近くはショッピング街となっていた。まだ朝早いので、あまり開店はしていない。
よく見ると、DAISOの看板。ここにも100円ショップが進出しているのか。それともパッチものか。

マカオ

マカオの朝の風景。
屋台も出ている。

マカオ

乾燥肉売りがやたらと多い。

マカオ

どうやらマカオは選挙が近いようで、あちこちで選挙ポスターや選挙活動を見かけた。
運動員がビラを撒いているそばを通りかかると、友人がビラを手渡しされた。「おれは地元の中国人に見えるのか」と友人は半ば呆れて怒っていた。さもありなん。が、ガイドとしては返す言葉がないのである。

さて、朝食。
スポンサーのご意向は、ガイドブックで見た「エッグタルト」が食べたいそうな。顔に似合わず、小娘みたいな要求である。
知らん。

と、言いたかったが、そうもいかない。
適当に歩いて探す。

テイクアウトの店ならいくつも見つかるものの、店内で食べられるレストランが見つからない。
あっさりギブアップして、ポルトガル式のカフェで朝食を取ることにした。あきらめのよいスポンサーで助かった。

マカオ

朝食のセットで1000円近くした。マカオのポルトガルカフェおそろしや。
カフェでまったりしていると、イケ面の若い西洋人が上半身裸で店に入ってきた。なにやらトイレで着替えさせてほしいとのこと。朝っぱらから酔っ払いか。マカオのカフェおそろしや。

カフェを出て、ぶらぶら歩くと泉の広場を発見。なにやら撮影の準備。
先ほどの酔っ払い上半身男が、スタッフとあれこれ打ち合わせしている。

マカオマカオ

なんだ、役者だったのか。どうりでイケ面のはずだ。酔っ払いと疑って悪かった。
たしかにマカオの古い街並みは映画やCMの撮影にはぴったりだ。しかも、小道具がランブレッタと古いスーツケース。「ローマの休日」の世界である。まあ、アジアだけど。すぐ近くでは乾燥肉売ってるけど。

マカオの世界遺産

ぶらぶら歩くと世界遺産にぶつかる。
これは昨晩、暗闇の中で見た聖ポール大聖堂跡。
ものすごい人出。

階段を登るのは億劫なので、下から撮影。
マカオ

教会。これも世界遺産か。
マカオ

そんなこんなで、マカオ観光終了。
まあ、マカオなんぞこんなものである。
のんびり観光するところでもない。
あとは、砲台とかそんなもの。
さくっと終了。
スポンサー氏も特に思い残すことは無いご様子。

でも、これだけではなんなので、前回マカオ訪問時に入ったマカオGPレーシング博物館の写真をおまけでアップしておこう。

マカオGPレーシング博物館

F1ファンやバイクレースファンにはおなじみのレーサーが盛りだくさん。
でも、それ以外の人にはまったくおすすめできない博物館である。

マカオGP博物館 マカオGP博物館

アイルトン・セナ
マカオGP博物館 マカオGP博物館

ミハエル・シューマッハー。若い頃からアゴ出てるぜ。
マカオGP博物館

リカルド・パトレーゼ。若い頃からしぶいぜ。
マカオGP博物館

さらに前回はマカオGPの開催直後だったので、監視塔と路面のタイヤ痕が生々しく残っていた。
どれだけドーナツターンしたんだろう。
マカオGP博物館 マカオGP博物館

おまけ終了。

さっさと香港に戻ることにしよう。

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
アドセンスレクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加