4 香港国際空港からマカオへ

2013年9月 香港マカオ旅行記4

香港からマカオへ

香港国際空港で一夜を明かしたあと、友人と合流。すぐさまマカオへ移動する運びとなった。
香港からマカオへの移動は、上環から出ているフェリーを使うのが一般的。
空港内から直接マカオへ向かうフェリーもある。これを使えば、香港への入国手続きをせずにマカオへ行くことができる。

ただ、日本からの乗る飛行機に受託荷物がある場合は、あらかじめ手続きが必要らしい。インターネットや代理店を通してフェリーのチケットを確保しておいて、日本の空港で受託荷物の引継ぎ作業をしておく。
手荷物だけの場合は、その場でチケットを買って乗り込むことができる。
直接チケットを購入しても、係員が荷物を回収しに行ってくれるとの情報もある。
要確認だ。

友人は大きなスーツケースも持っており、あらかじめフェリーのチケットを手配するのも面倒だったので、上環からフェリーに乗ることにした。
まあ、移動も旅行の一部ということで。

香港国際空港からエアポートエキスプレスに乗る

まずエアポート・エキスプレスで香港駅まで移動。
この列車は、空港ターミナルから乗り場が直結してあって、とても便利。乗り場には改札口がないので、先にキップを買っておこう。
間違って乗り込んでしまっても、下車時に払えば大丈夫だろう、たぶん。

エアポート・エキスプレスの車窓から。
香港からマカオ

まだまだ続く香港の建築ラッシュ。
香港からマカオ

30分ほどで香港駅到着。

ここからフェリーターミナルのある上環までは徒歩で移動可能。
地下鉄の最寄り駅は中環駅なのだが、乗り換えの手間などを考慮すると歩いたほうが早い。

ちなみに、香港国際空港から上環のフェリーターミナルまでは、市バスでも行くことができるようだ。

海沿いの道をてくてくと歩く。
やはり香港は大都会だ。

香港からマカオ

上環フェリーターミナルが見えてきた。
屋上にはヘリポート。大金持ちはフェリーなんてかったるい乗り物には乗らずに、ヘリコプターでひとっ飛びか。

香港からマカオ

フェリーターミナル

信徳中心というショッピングセンターの中にフェリー乗り場はある。
ここでチケットを買おう。
マカオまで片道100香港ドルから。曜日や席種によって値段が違う。

香港からマカオ

チケット売り場の近くには、吉野家やマックなど日本と変わらぬレストラン街となっていた。
出航間近だったので、さっそく搭乗口へ。

香港からマカオ

香港の出国手続きを終えて、乗り場へ。
ここでシート番号をもらうのを忘れずに。受付でキップにシート番号を貼ってもらえる。もし忘れても、空いてる席に座れば、たぶん無問題。

フェリーでマカオへ

いよいよ搭乗。
工事中なのか竹製の足場をくぐるようにして、フェリーへ。
香港からマカオ

ターボジェットフェリー。
堂々たる面構えである。
香港からマカオ

フェリーの内部はこんな感じ。
香港からマカオ

特に可もなく不可もなく。
小さな売店で水やお菓子程度なら購入可能。

フェリーは海岸沿いをひた走る。
あまり揺れないので、よほど弱い人以外は船酔いの心配はなさそう。

香港からマカオ

1時間ほどで無事にマカオ到着。

マカオ入国

マカオのイミグレーションで入国手続き。
パスポートへのスタンプは押されずに、レシートのような紙をホッチキスで止められるだけ。
出入国カードもなかった。
いたってシンプル。

マカオフェリーターミナルからホテルへは、スポンサーの意向によりタクシーで移動することにした。
前回のマカオ訪問時は、一人旅だったので徒歩でマカオ市内へ向かった。ちなみにフェリーターミナルからセナド広場まで歩いて30分以上かかる。
タクシーのドライバーは中国語しか通じなかった。英語はさっぱり。
ホテルは予約済みだったので、バウチャーに記載された住所を見せる。それでもよくわからないようで、電話して確認していた。

狭い道を抜けて、ようやくホテルへ。たしかに少々わかりにくい場所にあった。
でも、セナド広場へは歩いて5分ほどの好立地。

香港からマカオ

タウンズ ウェル ホテル (Towns Well Hotel)
香港からマカオ

Agodaでチェック

Booking.comでチェック

見た目は細い建物だが、それなりの部屋数があった。
部屋は決して広くはないけれども、まずまず快適。

スポンサー様も特に不満はないご様子。
ガイドとしては一安心である。

マカオのホテルは、どこも高めの料金設定なので、選ぶのが大変だった。
中華街にはもっと安い旅社があるので倹約派は飛び込みで探してみよう。貧乏バックパッカーには辛い街である、マカオは。

これからマカオ市内観光へ向こうことにする。
ガイドはまだまだ続く。

↓↓マカオのホテルを検索↓↓
大型ホテルの多くがカジノ併設。バックパッカー向けのホステルはかなり少ない。

Agoda
Booking.com

スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
アドセンスレクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加