3ベルリンからワルシャワへ

2012年8月 ドイツからトルコ横断3

ワルシャワへ

朝起きると、部屋の中は若い金髪の女子大生(?)だらけだった。深夜のうちに集団でチェックインしてきたようだ。

一人で食事へ。メニューは前日一緒だが、やはりうまい。またおかわり。
部屋に戻り、荷物をまとめる。女子大生たちと少し会話。みんなドイツ人。国内を旅しているようだ。楽しそう。
「チュース」とドイツ語で別れを告げて、チェックアウト。
今日はポーランドへ向かうのだ。

ベルリン発ワルシャワ行きの国際列車は、ベルリン中央駅(BERLIN BAUPTBAHNHOF)から出発。ローカル線に乗って、中央駅へ。
ベルリンからワルシャワへ (10)
ベルリンからワルシャワへ (9)

最近建て替えられたのか、すごくモダンで巨大な駅舎。エスカレーターの上にも線路が走っている。鉄道マニアが喜びそうな構造である。
ホームの場所もわかりやすい。

列車は正確な時間に到着。さすがドイツ。
東南アジアやインドでは、たとえ始発駅でも平気で出発が遅れることがある。

ベルリン・ワルシャワ・エキスプレス号
ベルリンからワルシャワへ (11)

いざ乗車。2等席ながらも、日本の新幹線エコノミーよりも快適かもしれない。
途中、ドイツ国境越え。国境の街の名前は、フランクフルト。かの大都市と同じ名前なのでややこしい。

何事もなく国境通過。2カ国目ポーランド入国。
車窓の外は、延々とのどかな田園風景が続く。やはりドイツと比べるとかなり田舎のようだ。
雨も降り出している。
ベルリンからワルシャワへ (12)

ワルシャワ到着

ベルリンも出発して5時間半ほどでワルシャワ到着。心なしかプラットホームが暗い。
とりあえず地上へ出る。やはり雨だ。駅近くにそびえたつ、共産党支配時代の遺物である巨大ビルのてっぺんがかすんでいる。
ベルリンからワルシャワへ (13)

駅前ビルの軒先でタバコを一服。
するとけばけばしいお姉さんが近づいてきた。タバコを一本くれと言っていた。断ると、「ファックユー」と言い残し去っていった。なんかガラ悪い。

折り畳み傘をバックパックから出し、予約してあったホステルへ。歩いて5分ほど。
あまり迷うことなく発見。古びたビルの4階部分が宿になっていた。木造の階段を上ってチェックイン。

ベルリンからワルシャワへ (8)
ベルリンからワルシャワへ (7)

部屋は平ベッドが4つ置いてあるドミトリー。中央にはテーブルとイスも置いてある。まずまず快適そうだ。WIFIも無料。

ホステル ウィット (Hostel Witt)
ホステルウィット
ワルシャワ中央駅から余裕の徒歩圏内。近くにはスーパーマーケットや売店もあって便利。
キッチンがあって、調理可能。節約派旅行者向け。

ワルシャワ観光

雨は憂鬱だが、ワルシャワ市内観光へ。

ベルリンからワルシャワへ (14)
ベルリンからワルシャワへ (3)

中世を彷彿とさせる古い町並み。と思いきや、第2次世界大戦時にほとんどの建物は破壊されたので、戦後になって建て直したものばかりらしい。それも汚れやひびまでも再現するほどの熱の入れよう。
メイン通りには、ワルシャワにゆかりのある人々の像がいくつも並ぶ。

コペルニクス像
ベルリンからワルシャワへ (15)

不明
ベルリンからワルシャワへ (2)

コルチャック先生のパネル
コルチャック先生

ひたすらぶらぶら歩く。広場にでくわす。雨が降ってなければ、もっといい雰囲気だったろうに。残念だ。まあこれはこれで風情があるけど。

ワルシャワ蜂起記念碑

ワルシャワ蜂起記念碑へ。
1944年、ナチスの支配に対しワルシャワ市民が一斉蜂起。だが最後には鎮圧されてしまう。
アンジェイ・ワイダ監督の映画「地下水道」で有名だろうか。この映画を高校生の時に見たのだが、ラストシーンのあまりの絶望感がたまらなかった。

ベルリンからワルシャワへ (4)

この記念碑の突撃する男たちの、鬼気迫る悲壮感もたまらないものがある。

ポーランドユダヤ人歴史博物館

さらに歩きに歩いて、ポーランドユダヤ人歴史博物館を目指す。かつてゲットーがあった場所に建てられているとの情報だが、それらしい建物はなし。工事現場があるのみ。
まわり込んでみると、ゲットー記念碑を発見。その向こうに看板が。
どうやら新しく建築中のようだ。残念。

ベルリンからワルシャワへ (5)
ベルリンからワルシャワへ (6)

ゲットー記念碑の前では、修学旅行の高校生らしき集団。ガイドの説明を熱心に聞いていた。英語やドイツ語ではなかった。たぶんヘブライ語。

さすがに歩き疲れたので、そろそろ中心部へ戻ることに。帰りは地下鉄を利用。あっと言う間に中央駅まで。
ついでに明日のクラコフ駅の切符を購入しておく。自販機で簡単に買えた。支払いはクレジットカードで。
宿の近所のスーパーでサンドイッチやコーヒーなどを買い込み、部屋で夕食。書き忘れたが、昼飯はケンタッキーフライドチキン。

雨は次第に止んできたが、もう観光はいいかなという気分。
はい、これにてワルシャワ観光終了。

部屋でインターネットなどして過ごす。
同室のハンガリー人とおしゃべり。日本はハイテクの国だ、すばらしいとのこと。
近所の酒屋で地元の缶ビールを買ってきて、二人で乾杯。そう言えば、この旅で初めてのビール。味はまずまずだった。

疲れたので早々に寝る。
明日はクラコフへ。

↓↓ワルシャワのホテルを検索↓↓(駅の近辺がやはり便利です)
Agoda
Booking.com
スポンサーリンク
アドセンスレクタングル大
アドセンスレクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加